18
8月

2016年8月18日(木)  ≪旭日旗≫

maxresdefault8月15日の韓国・東亜日報などによると、日本でも人気の韓国のガールズグループ「少女時代」のメンバー・ティファニーが、自身のSNSに日の丸の絵文字や≪旭日旗≫のデザイン文字を掲載したことで韓国国内で猛批判を浴びているという。韓国では8月15日が日本からの解放を祝う「光復節」に当たる折柄、旭日旗デザインがあしらわれた「TOKYO JAPAN」のスタンプ文字を掲載したことが猶更騒ぎが大きくしているようだ。旭日旗(きょくじつき)とは 朝日を図案化した日本の旗である。皆さんも見たことが有ると思うが、白地の旗面に、放射状に光線を放つ日の丸が赤で描かれているもので明治時代から第二次世界大戦まで軍旗として使われていた例のやつだ。(写真をクリックしてみてください)

軍艦マーチがよく似合う旭日旗は、現代でも海上自衛隊の艦船に民間の船が掲げる日章旗と区別するため掲げるほか、民間でも祝事やスポーツの応援などによく用いられる。ところが一方で、韓国や中国では「旭日旗は侵略国日本の軍国主義帝国主義の象徴」との認識がいまだ根強く、過去幾度も国家間の摩擦の原因になっている。然し、戦争を知らない世代が80%を超えた現在、日本国民自体が私を含めそのような感覚で旭日旗を眺めることは少ないと思う。ところが被害を受けた国の方が当然ダメージが大きく、相手側の立場からすれば旭日旗に嫌悪感を抱くのは仕方ないのかもしれない。

前にも述べたが、旭日旗は≪日出(ひいずる)国日本≫の象徴として朝日を表している。元々我が国では太陽を「お天道さま」として敬う習慣が有り、旗の赤と白は紅白幕や紅白餅のように縁起の良いものとして浸透している。今回の一件は、ティファニーの生い立ちにも関係しているようだ。彼女は米国育ちで、韓国に渡るや否やアイドル予備軍として訓練を受けたと思われるため韓国の歴史を学ぶ機会が少なかったと想像できる。従って、ネットで「日本やアメリカに住め!」だとか「所属事務所は日本語や中国語ばかり教えないで、歴史の勉強をさせて常識を覚えさせるべきだ」と抗議内容が殺到しいるのだ。

終戦後71年が経ち歴史認識が薄れる中、この手のニュースが話題になるとは悲しい事だ。早く「時代錯誤!」の一言で片づけられる時代が早く来てほしいものである。