28
9月

2017年9月28日(木) ≪皆さんはどの党、どの人に投票しますか?≫

以前から「政治ネタ」はつまらないと言われていたので、ここしばらく避けてきたが今回は重い筆で少し書きたくなった。何故なら、衆議院解散を起点として思わる事態から政界再編が起きようとしているからだ。本日午後、民進党が開催した両院議員総会で、小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」へ合流するとした前原誠司代表の提案を了承したのだ。「非自民・非共産」の野党勢力を結集し、政権交代を目指すとした前原氏の考えが細野氏ら数人の離党が相次いだため、結果的に実現する運びとなったのだ。「瓢箪から駒」という表現が正しいかどうか?

前原氏は民主党政権の国土交通大臣時代、「コンクリートから人へ」というスローガンのもと「八ッ場ダム」建設を中止させた張本人であり、我々建設業界に携わる者にとって敵だと位置づけるのは私だけではないと思う。そして、民進党の最後の代表クジを引いたのが「吉」と出るか「凶」と出るのか?本人は、立場上無所属で総選挙を戦うらしいが、殆どの民進党の議員は原則「希望の党」の公認を受けて出馬するらしい。しかし、「希望の党」も綱領を固めておらず、いかに小池百合子代表が鞍替えして国政に参戦するにしても何とも準備期間に乏しい。(今後の焦点は、小池都知事が総選挙に出馬するかだ?)

小池百合子アイキャッチー-1

そこで一番困るのが、投票する有権者側だ。特に小池都知事を実現させたばかりの東京都民としては複雑な心境だろう。誰を後任都知事にしても「敵前逃亡」の感は免れない。又、自信満々だった安倍総理にとってもこの事態は「晴天の霹靂」である。「小さな問題」として口先だけで言い逃れてきた森友・加計問題は、小池百合子氏を相手にすることにより再燃し説明責任は免れることはないだろう。困るのは繰り返すが投票する我々だが、最終的には党というよりは人物を見極めて投票するしかないだろう。