24
9月

2015年9月24日(木)    ≪会津磐梯山≫

『エイヤー会津磐梯山は
宝の山よ
笹に黄金が
エーマタなり下がる

エイヤー東山から
日日の便り
行かざなるまい
エーマタ顔見せに

小原庄助さん
何で身上潰した
朝寝、朝酒、朝湯が大好きで
それで身上潰した
ハーモットモダーモットモダ』

これは、言わずと知れた会津地方で広く盆踊り唄として歌われている「会津磐梯山」の歌詞である。会津民謡「玄如節」が元歌だそうで、昭和10年頃に小唄勝太郎のレコードに吹き込まれたらしく、「おはら庄助さん なんで身上つぶした・・・」のおはやしがユニーク且つユーモラスで、それが全国的に広まり有名になったといわれている。ところで、「秋分の日」が水曜日に当ったため大型連休となった今年の“シルバーウィーク”、皆さんはどうお過ごしになったでしょうか?私ですか?実は当社の社員であるT君が、以前勤めていたスキー場を併設する「ボナリ高原ゴルフクラブ」(写真)を数か月前に温泉宿付きで予約してくれたため、ワイフと2泊スリープレーで行ってきました。ボナリ

一日目と二日目がボナリで、三日目は東北地方のゴルフ場発祥の地と言われる名門「会津磐梯カントリークラブ」でのプレーです。T君は、2011年の「東日本大震災」の影響で福島に見切りをつけ、家族を残し我が社のサービスの一員として現在働いてくれています。一日目のボナリでは、彼も同伴プレーヤーとして付き合ってくれましたが、行く先々でゴルフ場関係者に「いつ帰ってくるの?」と声を掛けられ、彼の人間性の良さを改めて知ると同時にその都度私は冗談半分本気半分で「一生帰りません!」と答えて回りました。FullSizeRender

一日目の夜は、T君の奥さんと陸上競技を部活でやっていて溌剌とした高校一年生の娘さんとご一緒に会食をしました。楽しい会話が弾み、あっという間に2時間が過ぎてしまいましたが、特に全く下戸のT君とは違い、ママさんバレーで活躍をしている奥さんはかなりいける口で、生ビールの後で日本酒を何度か注いでしまいました。ゴルフの成績はマズマズでしたが、特にボナリのグリーンを共有する難しい3番と16番のロングホールで一日目に3番、二日目に16番でバーディを取れたのが秀逸でした。会津磐梯カントリークラブは、名門に相応しくコースによっては猪苗代湖会津磐梯山が遠くに望める素晴らしいゴルフ場でした。(写真は車窓から夕方の磐梯山を望む)磐梯山

ところで、「会津磐梯山」の歌詞は30番まで有るのをご存知でしたか?私も調べてみて初めて知りました。