7
5月

2015年5月7日(木)  ≪初めてワンオンしたマンギラオの12番≫

5月2日からゴールデンウイークを利用して、家族旅行でグアム島を訪れた。グアムは昨年6月の社内旅行以来2年連続で記憶が確かであれば通算6回目の訪問だ。二人の孫も一緒だったので大半が海やプールなどでのマリンスポーツ(写真はシュノーケリングに興じる二男と男と女の孫二人)での孫のお守だったが、1日だけ半日間ワイフと≪マンギラオGC≫でゴルフに興じた。このコースは、2012年米国ゴルフダイジェストが選んだ世界の名コース100選の79番目にランクインした名物コースである。因みにこの年、日本からは8位に広野GC(兵庫)、15位に川奈ホテルGC富士コース(静岡)、64位に鳴尾GC(兵庫)、67位にフェニックスCC(宮崎)、74位に霞が関GC(埼玉)、95位に東京GC(埼玉)の6コースが選ばれている。

shuno^-kerinngu

ゴルフファンであればご存知の向きも多かろうが、≪マンギラオ≫の名物ホールは何と言っても海越えの12番ショートホールである。ご覧尾通り、花道は全く無くシーサイドコース特有の海風が激しく吹き荒れる事もしばしばで、昨年を含め過去何度が挑戦してみたが、全てボールは海の藻屑と化していた。過去は、180ヤード以上の青ティーからの挑戦だったが、他人の同伴者2名とのプレーだったので今回は、白ティーからの挑戦である。それでも164ヤード有るため、3月8日にホールインワンした得意の6番アイアンでのチャレンジである。と言っても、勝手が違う貸クラブの挑戦で自信は全く無かった。私がオナーで、スライス覚悟でアイランドの左端を狙ってクラブを振り下ろした。(コース脇に咲いていたハイビスカス、コースの写真はネットから頂戴致しました)

FullSizeRender130819-mangilao-12slide_main2

結果は、事も有ろうに?風にも負けずにきれいな放物線を描いてピン横3.5mに見事ワンオン、夢にまで出てきたこの名物ホールだったが、攻略して漸く溜飲を下げた格好だ。結局このホールはパーで、トータルスコアもいつもと同じ100を少し切った程度だった。次回又何時グアムに来れるか判らないが、この12番ホールのワンオンは、きっと長く私の記憶に留まるだろう。