25
2月

2月25日(水)   ≪3年振りのニューオリンズ≫

日本建設機械レンタル協会の代表として、ARA(American Rental  Association/アメリカレンタル協会)が主催する展示会視察と同協会との懇談会開催のため、ニューオリンズを訪れている。昨日(日本時間24日)午後5時過ぎの飛行機でシカゴを経由して現地時間午後8時に漸く辿り着いた。ニューオリンズは、3年前に角口会長と一度訪れているが、今回募集したところ全国から私を含め総勢12名の会員の方にお集まり頂いた。
今日の朝9時から早速懇談会が開催されたが、ARA側はCEOのクリスティン・ワーマン(写真中央)さんと会長のポウル・フェロン(同右)さん、そして国際局長のケン・ホッジス(同左)さんが出席された。クリスティンさんは、見るからに上品な方でアクスする際気後れする位だが、「貴方には以前、お会いしましたね。背が高いので憶えていますよ!」と言われ心が和んだ。今日は、折角の機会なので当方は、全員参加したが、世界各地から建機レンタル業者があつまる明日の「グローバルレンタルアライアンス会議」には、会長と私と通訳のキャタピラージャパンの程(てい)部長の3人で臨むつもりだ。!cid_D4E95411-CF88-4E5B-A3AA-F755A4EEA0D8!cid_34E88818-32F3-4502-B3FB-E70972717713ARA
展示会は、最終日だったので早めに終了した為、夕方少しホテルで休み夕食は、当地では有名な大衆レストランでステーキディナーである。ステーキは、よく焼いてもらったせいか?固くて余り食べられず半分残してしまった。素晴らしかったのは、舞台で家族バンドが演奏していた“ケイジャン”というダンス音楽で、これは当地がフランス領だった当時、ルイジアナに移住してきたフランス移民が広めたものでアコーディオンとフイドルと呼ばれるバイオリンを中心に演奏される。カントリーウエスタンにも大きな影響を与え
たと言われているが、何組もの老人夫婦が楽しそうに踊っている姿が、微笑ましく印象的だった。FullSizeRenderSUMITOMOyuugu 2yuugu
夜帰って、メールの送信が出来ないアイパッドと格闘したが、どうしても弾かれてしまう。このままだと、アメリカで書いたブログは全て一週間遅れで読んでもらうことになるだろう!
肉FullSizeRender