28
10月

2014年10月28日(火)  ≪管理者教育講習会講師≫

2014年度の『東京建設機械レンタル協会』の≪管理者教育講習会≫が、日本教育会館一ツ橋ホールで開催されていたので1時間ちょっと講師として9時過ぎから喋ってきた。テーマは、「業界状況と地位向上、今我々に求められるもの」というものである。過去にもちょくちょく地方支部を含めこの手の依頼が有るので資料は豊富にあるが、1日の端緒に登場するの身なので参加22社46名の方々をリラックスさせるいため最初はクイズ形式で皆さんをテストすることとした。自己紹介をする前に先ずは皆さんを立たせ、一斉に大きく伸びをしてテストを開始した。

テストの中身は、一般常識、建設機械の専門知識、或いは協会の歴史やコンプライアンスに関するもので、3択、4択問題が10問(配点:30点)、○×問題が10問(配点:30点)で最後の5問が記入問題(配点:50点)だ。試験時間は、時間配分の関係上15分間とし、終了後参加者夫々を指し回答を聞いて、解説を交えながら正解、不正解の採点を行った。細かく確認をしなかったが、問題が難しかったのか?正解率が意外に低くて少し驚いた。そこで、その中から一般常識問題を抜出し、ブログの読者の方々にもクイズをやって貰おうと思う。

第1問(3点):  平成22(2010)年の日本の総人口は同年の国勢調査によれば1億2,806万人であったが、2012年の3月に人口問題研究所が発表した50年後の平成72(2060)年の我が国の人口推計は次のうちのどれか?

       A. 9,674万人  B. 8,674万人  C. 7,674万人

第2問(3点):    伊藤忠商事、丸紅、双日、トーメン等の大手商社の起源とされる近江の国滋賀県出身の「近江商人」の思想・哲学に『売り手よし 買い手よし ?よし』というのが有るが3番目の『?よし』に入る言葉とは次の3つのうちどれか?

       A. 商品よし  B. 勘定よし C. 世間よし

第3問(3点):  厚生労働省が平成22年度に調査した我が国の男女の都道府県別平均寿命について正しいのは次の3つのうちどれか?

       A.  男女とも沖縄がトップで男性の2位が長野で、女性の2位が島根である。

       B.  男女とも長野がトップで男性の2位が滋賀で、女性の2位が島根である。

       C.  男性のトップが長野で2位が福井、女性のトップが沖縄で2位が熊本である。

第4問(3点): 来る2020年に開催が決定した「東京オリンピック・パラリンピック大会」、オリンピックは28競技が臨海部8km圏内で行われる予定だが、次のうち正しいのを選べ

       A. 28競技が全て東京都内アで開催される。

       B. サッカー競技の予選他、幾つかの競技が他の道県で開催される。

       C. サッカーを含めいくつか競技の予選を他の道府県で開催すべく検討中である。

第5問(2点):(   )今年、日本語に訳し難いカタカナ語のランキング8位にノミネートされた「リノベーション」という言葉の意味は、古い建設機械を修理して目的以外の用途に使用することである。×か?

第6問(2点):(   )GDP(国内総生産)の表現で使用される名目値とは、実際に市場で取り引きされている価格に基づいて推計された値で実質値とは、ある年(参照年)からの物価の上昇・下落分を取り除いた値である。○か×か?

第7問(10点):第2次安倍内閣の「アベノミクス」と呼ばれる景気浮揚策の『三本の矢』とは、「大胆な金融政策」、「機動的な財政政策」それと「民間投資を喚起する(  ?  )戦略」である。<漢字2文字>

以上26点満点ですが、50%の13点以上で合格と致します。簡単過ぎますかな?回答は、明日か明後日のブログで!