17
9月

2014年9月17日(水)   ≪この頃は「シルバー川柳」苦笑い≫

先日の「敬老の日」に、もうすぐ9歳になる孫娘から手作りの三つ折りの写真盾が届いた。写真盾(下の写真)には、熊本で生まれて間もない頃の彼女を抱いた私達夫婦の写真や、バイオリンを抱えた最近の彼女の写真など6枚の写真それぞれに私達に感謝する言葉が貼付した「吹き出し」に書き込まれていた。私は、出来栄えの良さも有って大いに感激したが、一方で「俺もそういう歳になったんだな!」と改めて年齢を感じさせられた。ところで皆さんは、公益法人全国有料老人ホームが毎年募集する「シルバー川柳」というのをご存じだろうか?今年で第14回目を迎える「シルバー川柳」、入選作は身につまされる一選も多いことからここでご紹介してみよう。DSC_0478
老いるとはこういうことか老いて知る    (女性/東京都/64歳/主婦)
つまずいて足元見れば何もなし   (女性/北海道/55歳/パート)★
どこで見る東京五輪天か地   (男性/東京都/62歳/無職)
鏡見て懐かしくなる母の顔   (女性/千葉県/55歳/主婦)
粗大ゴミそう言う妻は不燃物   (男性/長野県/71歳/無職)
元酒豪今はシラフで千鳥足   (男性/岡山県/38歳/自営業)
円満の秘訣は会話をしないこと   (男性/大分県/69歳/無職)★
恐妻を天使に変えた認知症   (男性/山梨県/62歳/農業)
いびるなら遺言書きかえ倍返し   (男性/福岡県/42歳/フリーター)★
素っぴんに隣の犬が後退さり   (男性/岐阜県/78歳/無職)★
補聴器をはめた途端に嫁、無口   (女性/三重県/44歳/保育士)
LED絶対見てやる切れるとこ   (女性/大分県/53歳/自営業)
糖尿病甘い生活記憶なし   (男性/岐阜県/73歳/無職)
新聞を電車で読むのはオレ一人   (男性/長野県/71歳/無職)
妻乱心オレにもほしい自衛権   (男性/北海道/49歳/自営業)
同時期にシュウカツをする孫と爺   (男性/愛知県/50歳/会社員)★
 産分け位牌受け取る人はなし   (男性/北海道/77歳/無職)
ケアマネをもてなしあとで寝込む祖母   (女性/島根県/46歳/自営業)
叱った子に今は優しく手をひかれ   (女性/神奈川県/90歳/無職)
脳ボケにSTOP細胞ないかしら   男性/埼玉県/65歳/無職)
無題応募総数が11,370作品で、男性の応募が56.2%、女性の応募が42.6%、性別不明が1.2%と例年に比べ男性の応募が増えたという。応募者の平均年齢が68.7歳と昨年に比べ1.3歳上がったそうだ。最年長が100歳女性(昨年は101歳女性)、最年少は8歳の女児(昨年は7歳女児)だという。ネットで確認したコメントに依ると、シニア特有の定番テーマとして、堅調なのが「医者通い」「老化による肉体・容姿の衰え」です。「物忘れ」「」「」「入れ歯」など日常的なキーワードのほか、「認知症」「糖尿病」といった病名も登場し、日々、老いを実感し、病気と付き合う様子が綴られている由。また老人会、同窓会、知人との会合における「病気自慢」、医者通いによる多忙ぶりなど、「老化」を積極的に受け止め、肯定しようとする気持ちが表現されているそうな。一般的には「シルバー世代」とは、65歳以上を指すらしいから残念ながら私も入っている。昨年の作品の中にも名(迷)作が有るので、気に入った?ものをご紹介するとしよう。

■寝て練った良い句だったが朝忘れ

■「先寝るぞ」「安らかにね」と返す妻

■欲しかった自由と時間持て余す

■お迎えは何時でも良いが今日は嫌

■お迎へと言うなよケアの送迎車

■金貯めて使う頃には寝たっきり

■症状を言えば言う程薬増え

■メイドカフェ?冥土もカフェがあるんかえ

■ひ孫の名読めない書けない聞きとれない

■耳遠くオレオレ詐欺も困り果て

■白内障術後びっくりシミとシワ

■暑いのでリモコン入れるとテレビつく

以上、特にコメントは要らないと思うが、如何かな・・・・?