11
7月

2014年7月11日(金)  ≪ワールドカップ決勝は、ドイツが勝つ?≫

dfd8e2970dab1f0c6c8134c2421f78daサッカーワールドカップの決勝は、ブラジルを7-1の大差で破ったドイツとオランダをPK戦で辛くも下したアルゼンチンの対戦となった。ワールドカップは、1930年にウルグアイで行われた第1回大会以降、前回の2010年の南アフリカ大会まで過去19回開催されているが、最も優勝回数の多い国は5回のブラジル、次いで4回のイタリアである。ドイツは、10回出場して3回、アルゼンチンは15回出場して2回優勝している。尤もドイツの優勝は、1990年のイタリア大会が最後で3回の優勝はいずれもドイツが東西に分かれていた時代の西ドイツ時代だ。

しからば、ワールドカップ本線での両国の対戦はどうなっているかと言えば、ドイツの4勝1敗2引き分けである。但し決勝での対戦は、アルゼンチンが優勝した1986年メキシコ大会と、西ドイツが優勝した1990年イタリア大会で、両国は連続で決勝で顔を合わせており、今回で3度目である。決勝進出最多8度目のドイツが、東西統一後初の頂点に立つか、それとも、決勝5度目のアルゼンチンが3度目の優勝を飾り、「メッシの大会」とできるか興味が尽きない。大方の見方は、過去の対戦成績で勝り今大会でブラジルを屠ったドイツが有利との下馬評が高いようだが、果たして結果や如何に?