22
4月

2014年4月22日(火) ≪アマチュア選手が優勝すると優勝賞金はどうなるの?≫

p-sp-tp2-140419-0006_thum500熊本空港カントリークラブで行われた日本女子ツアーのKKT杯バンテリンレディスオープンで、高校1年の勝みなみさんがツアー史上最年少となる15歳293日で優勝し、注目を集めている。アマチュアのツアー最年少優勝記録は、7年前に日本男子ツアーのマンシングウェアオープンKSBカップで、石川遼選手が勝った15歳245日だが、今回はそれに次ぐ快挙である。女子選手では宮里藍選手が2003年のミヤギテレビ杯で優勝した18歳101日だから、大幅な記録更新となった。嬉しいことに6歳の時に祖父の市来龍作(74)さんにゴルフクラブをを買い与えられてからゴルフを始め、中学時代には師匠とも言える祖父と毎日学校帰りに練習場へ通ったという。

その祖父もシングルの腕前だそうだが、優勝後彼は「助言するにも、もう私の能力を超えている。一人で研究しながらやってますよ」と語ったという。人気抜群だった宮里藍選手が28歳となり少し力の衰えが見え始めた今、体格が大型化する中同じ小柄の勝選手(157cm)が出てきたことで女子ゴルフ界は更に盛り上がりを見せるかもしれない。勿論今回の優勝はフロック(fluke)かもしれないが、最終18番ロングホールのバンカーショットなどは見事なもので、2位以下のプロたちも形無しである。この熊本空港カントリークラブは、私も度々プレーしたことが有るが、、ショートと最終ホール以外は殆ティーグラウンドからピンが見えない難しいゴルフ場だ。曾て全盛時代のジャンボ尾崎が予選落ちをして悔しがったゴルフ場としても知られている。2r_16katsu5BE58B9D2520E381BFE381AAE381BFEFBC9CE382A2E3839EE38381E383A5E382A2EFBC9E5D

このようにアマチュア選手が優勝するとアマチュア規定に依り受け取れるのはトロフィーだけだ。ところで、こういったケース優勝賞金はどうなるのだろうか?誰もが疑問に思う事だが、答えは「2位の選手が受け取る」である。今回も韓国のイ・ボミ選手が優勝賞金1800万円と豪華副賞を獲得した。勝選手は、次戦に5月2日からのサイバーエージェントレディース(千葉鶴舞CC)を予定しているらしい。日本女子プロゴルフ協会のプロテストは18歳以上が対象だが、ツアーで優勝したアマチュアは、特典として手続きを経ればツアープロとして活動できる。ルールでは、5月16日の期限までに申請して認められた場合、優勝翌日の4月21日から1年間のシード権を得るらしい。

彼女の戦績からするとプロでも通用するだろうが、4月に高校生になったばかりで学業も大事である。但し、国内を転戦するとなるとコストもかかるし、行く行くは専属コーチも必要になってくるだろう。プロになるか否かは、時間的にも許されるサイバーエージェントレディースの結果次第だと私は推測する。