19
5月

2016年5月19日(木)   ≪懐かしのサイコロキャラメル≫

1927(昭和2)年10月から明治製菓〔現在の㈱明治〕が製造販売していたお菓子のロングセラーである御覧のサイコロキャラメルが、今年1月で生産を打ち切られ3月で全国販売を中止したという。今後は、6月から明治の子会社の北海道工場で生産し、北海道限定で販売されるという。何故か現在もネットでは個数限定で販売されており、50~100粒まとめて買うと1粒26~28円程度で売られている。昔、遠足や運動会のお菓子の定番だったサイコロキャラメルは1粒57gだそうだが、昔の方がもっと大きかったような気がするがどうだろうか?o0480036011974214343

キャラメルと言えば、ある思い出が有る。私は6人兄弟の末っ子だが、一番上の姉が祝言を挙げた日に相手方のご両親から私たち下の3人の兄弟に森永のミルクキャラメル12粒入り(下の写真)の他、5箱入りセットを貰って大喜びしたことを鮮明に憶えている。私が、小学校1年生の時だったと思うから凡そ60年以上前の事だ。こちらの方は、明治32年に製造が開始されたレジェンドだ。今では、、色んなお菓子が有るので子供はキャラメルなんか見向きもしないかもしれない。又、虫歯予防のため甘いものを絶対食べさせないママも多いと聞く。我々が子供のころは、キャラメルとチョコレートは甘いお菓子の双璧だったのだ。41x7sH-pKmL__AC_US160_

面白いもので大人になると甘いお菓子から遠ざかって行く。お酒を飲むせいもあるだろう。所謂、甘党から辛党に変身するのである。私もその口で、テーブルの上に甘いものが置いてあっても余程疲れた時しか滅多に手をださない。但し、無くなると聞くと食べたくなるものである。サイコロの1の面のマークが明治のロゴマークであるサイコロキャラメルがやけに愛しくなってきた。