18
12月

2013年12月18日(水)   ≪ネルソン・マンデラの銅像に思う≫

16日、南アフリカの首都プレトリアにある政府庁舎庭で、高さ約9メートルの故ネルソン・マンデラ元大統領の銅像が公開された。大きく手を拡げた銅像が設置されたこの場所は1994年、同国初の黒人大統領としてマンデラ氏の就任式が行われたゆかりの場所である。最近テレビのニュースで度々出てくる北朝鮮が金正恩一家の偶像化のため、平壌万寿台(マンスデ)に立てた高さ23メートルの金日成・金正日親子の大型銅像(制作費、約2億ドル)に比べれば小ぶりで許せるかも?m0016333436img_219816_10731536_1

もっとも茨城県牛久市に有る牛久大仏(正式名称:牛久阿弥陀大佛)が、立像の高さでは世界で3番目だが、ブロンズ(青銅)像としては世界最大(全高120m 像高100m、台座20m)の像としてギネスに登録されている。我が国で最も有名な銅像は、上野の西郷さんの銅像だが、この高さが3.7メートルというから紹介した夫々の銅像の高さが推し量れる。一方、今朝の日経の最終面にもでていたが、戦前我が国に最も多く立っていた銅像は、薪を背負って本を読んでいる江戸時代後期の農政家・思想家の二宮 金次郎尊徳)の像だろう。Ushiku_daibutsusaigoutakamoriyjimage

昭和19年頃に軍需資材として多くの像が撤去されてしまった為、学校や公共施設に残っている物も今では僅かである。しかし、その他にも同じ理由で撤去された『幻の銅像』、即ち1体しかない像も実は数多く有る聞く。調べてみたので、貴重な画像を幾つかご紹介してみよう。

(左上)荒木克業大尉 千葉県 千葉公園 (中上)肉弾三勇士 東京都港区 青松寺 (右上)広瀬武中佐と杉野兵曹長 東京都 国鉄:万世橋駅 (左下)豊臣秀吉 大阪府中之島 豊国神社 (中下)秋山好古 愛媛県 道後公園 (右下)乃木希典 元帥 神奈川県藤沢市 片瀬海岸(写真をクリックしてください)
araki3yuusihirose01hideyosiakiyama1image1

これらの銅像は、レーニン像やフセイン象と違って民衆に引き倒された訳ではないが、お国のため?とは言え、志を持って建てた人たちはさぞかし無念だっただろうと拝察する。