28
5月

2015年5月27日(水) ≪小倉百人一首≫

藤原定家(1162~1241)の「明月記」の1235年(文暦2年)の今日5月27日の項に、定家が息子為家の妻の父であり親友である宇都宮頼綱の求めに応じて書写した和歌百首が嵯峨の小倉山荘(嵯峨中院山荘)の障子に貼られたとの記述があり、この記事が小倉百人一首の初出ではないかと考えられている。百人一首とは、百人の歌人の歌をそれぞれ一首ずつ撰んで集めた歌集を言い、その代表格である小倉百人一首は、定家が、飛鳥時代の天智天皇から鎌倉時代の藤原家隆・雅経にいたるまでの代表的な歌人、百人の歌を撰んだものである。百人の歌を歌集とすることは平安時代から盛んに行われていたようだが、“百人一首”という名称は、室町時代頃から用いられるようになったと考えられている。

“小倉百人一首”もまた、定家が、百首を小倉山の山荘で撰んだことから、後世の人が名付けたものであって、定家が付けたものではないという。小倉百人一首の歌は、『古今集』から『続後撰集』までの勅撰和歌集の中から厳撰されたものが、ほぼ詠まれた時代順に撰集されていると聞く。歌を内容別に分類した部立では、『』が43首と最多で、どれにも属さない『』が19首、春夏秋冬、それぞれの季節を題材にした歌が数首ずつあるそうだ。それ以外には、『きりょ』といわれる旅情を詠んだ歌や『離別』を詠んだ歌もあるそうだ。 歌人の大半は、天皇、貴族、僧侶である。なかには、猿丸大夫蝉丸のような経歴のよくわからない伝説的歌人も居るが、平安以降の歌人の大半については、生没年・家族関係・経歴などから人物像を詳しく知ることが出来る。(ネット参照)516CW2wdZpL

有名なところでは、

田子の浦に うち出でてみれば 白砂の 富士の高嶺に 雪は降りつつ    山辺赤人

天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に いでし月かも        安倍仲麿

君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ      光孝天皇

ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれないに 水くくるとは      在原業平

 

いいですね!

ひさかたの 光のどけき 春の日に 静心なく 花の散るらむ          紀 友則

大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみももみず 天の橋立      小式部内侍