15
12月

2014年12月15日(月)  ≪文字通り未来志向の車 「ミライ(MIRAI)」発売!≫

本日只今から、究極のエコカーである燃料電池車トヨタの≪ミライ(MIRAI)≫(写真)が我が国で発売される。水素ステーションの整備が予定されている東京・大阪・名古屋・福岡の四大都市圏を中心に販売するそうだが、欧米のニーズも高くヨーロッパでは来年の9月頃から、アメリカでも来年の秋頃から販売を開始するようだ。既に我が国では1千台の受注残が有り、今頼んでも納車は2年後になるらしい。注目の販売価格はメーカー希望小売価格で税込み723万6000円だそうだが、政府の補助金が最大で202万円まで適用できる他、エコカー減税と自動車グリーン税制による減税分を加えると合計で約225万円になり、実質的に500万円弱で購入することができるという。

TOYOTA_FCV_004-618x411

ハイブリッドカーを含めたエコカーでは我が国の自動車メーカーが世界に先んじているが、燃料電池車と電気自動車そしてハイブリッドカーの違いはどう違うのだろうか?インターネットで検索して見つけた比較表をここにご紹介してみよう。

エコカー比較表

燃料電池車 FCV 電気自動車 EV ハイブリッドカー HV
動力 モーターと燃料電池 モーターと蓄電池 モーターとエンジン
必要物 水素 電気 電気とガソリン
補給方法 水素ステーション 家庭の電源 ガソリンスタンド
航続距離 やや長め 短め 長め
環境性能 非常に良い 非常に良い 良い
車体重要 重い 重い やや軽い
普及状況 開発中 市販済み 市販済み
主な車種 日産 X-TRAIL
トヨタ FCHV-adv
ホンダ FCXクラリティ
日産 リーフ
三菱 i-MiEV
トヨタ コムス
ホンダ EV Plus
ダイハツ ハイゼット
日産 セレナ
トヨタ プリウス
ホンダ インサイト
スズキ ランディ
ダイハツ アルティス

主な特徴

燃料電池車のFCVとは、<Fuel Cell Vehicle>の略である・・・燃料電池で発電した電力でモーターを回すことによって走行する。燃料電池は水素と酸素(空気)で発電を行うため、燃料電池車にはガソリン車にガソリンを補給するような形で水素を補給する。 走行時に排出するものは水だけで、二酸化炭素や有害ガスを出さないことから、電気自動車同様非常に環境に優しい自動車である。問題点は、水素ステーションの設置が未だ少ない事と使用の部品点数が多く複雑であることだ。

 電気自動車のEVとは、文字通り<Electric Vehicle>の略である・・・電力でモーターを動かすという点は燃料電池車と同じで、既にかなり普及している。水素ステーションが必要となる燃料電池車と異なり、自宅のコンセントから充電することができるというメリットもあります。

 ハイブリッドカーは<Hybrid Vehicle>の略である・・・環境性能は燃料電池車や電気自動車に劣るが、加速性や航続距離などといった走行性能に優れているのがハイブリッドカーである。FCVやEVと違ってエンジンを有し、ガソリンでエンジンを動かすが、同時に発電を行うことで蓄電池に電力を蓄え、その電力を使ってモーターを回して走行する。

50年前には、SF小説に登場した電気自動車が既に街中を走っている。50年後には、自動運転のFCVが街中を走り回っているだろう。その頃の日本を想像するのが何故か怖いのは、私だけだろうか?