22
7月

2014年7月22日(火)  ≪プロより厳しい4日連続の5ランド≫

5月から7月くらいまでは、仕事は暇な割には協会行事やメーカーさんの懇親行事が目白押しでなかなかこのブログもアップ出来ないでいる。先週の17日の木曜日と18日の金曜日もクボタ建機さんのKR会の開催で九州福岡市を訪れた。17日はセレモニーや講演会、懇親パーティが催された後、中洲の街に数人で繰り出し大いに博多の夜を堪能した。お蔭で翌日の福岡センチュリーゴルフクラブで行われた懇親ゴルフコンペは、酒が残っていて散々な成績だったが、メンバーにも恵まれためか?握りのチョコレートがプラスだったの幸いだった。

iba107918日の夜我が家にたどり着いたのだが、翌日は3日間のゴルフツアーの始まりだった。19日と20日は、ワイフと阪急交通社で予約していた茨城県の水戸市近くの「雲雀ゴルフ倶楽部」(旧ロイヤルフォレスト」GC)と「城里ゴルフ倶楽部」の1泊2プレーである。両ゴルフ場とも初めてだったが、コースコンディションは抜群で雨も降らず大いにエンジョイできた。わが家からも車で2時間弱の距離であるため、比較的楽で帰りのハンドルはワイフに任せた。常磐道は車が多いものの渋滞はなく、自宅には明るいうちに到着した。(左は雲雀ゴルフ倶楽部)

21日の“海の日”は、ホームコースである「IGMゴルフ倶楽部やさとコース」でいつもココでプレーする仲間二人とスリーサムで7時9分にティーオフした。キャディーさんがペルー出身の日系人の女性(ハーフ)で、前から顔見知りのせいか『藤本さん、今日は空いてるから2ラウンドやりましょうよ!』とけしかける。勿論私は冗談で、『よし、やってみよう!』と受け流していた。ところがそれが本当になるとは・・・。1.5ラウンド回って上がってみると、未だ午後の2時20分、同伴の二人に『どうする?』と聞いてみたら『任せる』と言う。私は決断した、“後ハーフ回ろうと”。スコア―は、疲れていた割には私としては先ず先ずの46-44-46-47だった。お蔭で今日の仕事は・・・・?