20
3月

20214年3月20日(木)   ≪「サムライハイボール」≫

日本酒党が、頭に湯気を出して起こりそうな日本酒の飲み方が有るのをご存じだろうか?日本酒を炭酸で割る「日本酒ハイボール」、別名「サムライハイボール」というやつだ。作り方は至って簡単で、氷を入れた大きめのコップかジョッキを用意し、純米吟醸酒 100mlに炭酸水 100mlを混ぜ合わせ、ライム果汁すだちのしぼり汁、又はポッカレモンを大さじ一杯を入れて混ぜるだけなのだ。更に、生姜の搾り汁を小さじ一杯加えると絶妙な味になるそうだ。

「なるそうだ」と書いた通り私も最近知ったため、試し飲みをしたことは未だない。元々ハイボール (Highball) は、カクテルの一種である。広義ではスピリッツ(蒸留酒)、リキュールソーダトニックウオーターなどのアルコール分を含まない飲料で割ったものを指す。但し、日本ではウイスキーをソーダ水で割ったもの(ウイスキー・ソーダ)をこう呼ぶのが一般的だった。私の大学時代やサラーりーマン生活に入りたての頃は、ウイスキーの飲み方としては主流だったが、いつの日か水で割ることが多くなり廃れていった。

ところがつい最近、某ウイスキーメーカーが有名女優を起用してテレビCMを繰り返し行った成果が表れ、ハイボールが復活してきたのである。語源は、開拓時代のアメリカの鉄道で、“ボール信号”(西部劇で見たことがある)というのが一般的に使用されていた。ボールがあがっていれば進行 、あがっていなければ停止 で、駅員が隣の駅のボール信号を望遠鏡で見ながらバーボンウイスキーをちびちびやっているときにボールが上がったら(ハイボール)列車がくるというのでソーダ水を入れて一気に飲み干して駅に行ったからというのが有力な説である。E1279869876293_1_s                                                           <コンビニで売り始めたらしいがすぐ売り切れる「日本酒ハイボール」>

最近酒を飲めなかった(飲まなかった?)ワイフがたまに夕食時に同じような類の発泡日本酒(発砲清酒)を、飲むようになった。所謂、晩酌と言うやつだ。量は小さなおちょこに1~2杯程度だが、エスカレートしそうで怖い。何故なら我が家の飲み代が嵩むのと、素面の時でもやりこめられるのに飲んで管をまかれると手が付けられなくなる惧れが有るからだ。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!